乾燥肌対策でツルツル美人を目指す!

究極のアンチエイジングクリームといわれるもの

読了までの目安時間:約 3分

 

ヒルドイドは究極のアンチエイジングクリームとも呼ばれる、かなり前から美容マニアの間では知られているお薬です。乾燥で小じわができそうなときにヒルロイドを使うことで、その効果をかなり実感できるということです。それは3万円クラスの乳液よりも効果があるということです。
ヒルドイドは一口にいうと「保湿剤」です。皮膚科や小児科などでよく処方されるお薬で、効果としては皮膚の乾燥を防いで血行をよくする働きがあります。

・皮膚細胞に水分を補給する
・傷の修復
・持続性のある高い保湿力
・血行促進効果
・血液凝固を防ぐ
・うっ血を改善する
・傷の治りを早める

以上の効果がみられます。

病院やクリニックで処方されるお薬にトレチノインやハイドロキノンと共にホヒルドイドソフト軟膏として処方されることがあります。アトピーや乾燥肌、ケロイドの治療やしもやけなどの治療に処方されるお薬です。

ヒルドイドはローションとソフト軟膏とクリームの3種類があります。3つの種類は乾燥肌や美容目的で使われることが多いです。芸能人やモデルにも愛用者が多いということで、乾燥肌や敏感肌の人には手放せないものとなっているようです。

yjimageBOW8KNTV

使いごこちとしては、肌のキメも整ってしっとりとしてきます。使う人によっては目元のシワやクマにも効果的だといいます。ヒルドイドの主成分はヘパリン類似物質といって、血行促進やうっ血改善の働きがあるということです。目の下に用いる場合、部分的にラップで密閉して使うと効果的だとか・・。

中にはアイクリームの代わりに使用している人もいて、チリメンジワに使用すると効果的であると使っている人もいるくらいです。目の下に塗ることで、ピン!と張りが出てくるみたいです!ほうれい線やシミにも使う人もいて前よりもほうれい線が薄くなったと感じている人もいます。

とくにいいのは、ヒルドイドは乳幼児やお年寄りにも処方される刺激の少ないお薬だということが知られています。肌の弱い人には炎症作用があって肌トラブルも治しやすいとか・・。

普段化粧品に負けてしまいがちなお肌には、アトピーの治療にも使われているくらいなので乾燥肌や敏感肌の人にはとてもおすすめではないでしょうか?

アンチエイジング  柿の美容と健康効果について

読了までの目安時間:約 3分

 

アンチエイジングとしても柿の美容と健康効果においてはおすすめしたいポイントが多いです。柿にはビタミンCが多く含まれていて、それも一日の必要量の約2倍といいますので、柿1個でビタミンCが足りてしまうことにもなります。
ビタミンCを摂れば、日焼けやシミを防ぐこともできるし、沈着してしまったメラニンを美白することもできます。また、コラーゲンの生成に働くことで、血管壁を強くする働きだってあるのです。ビタミンCはコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを生成する肌の真皮細胞の繊維芽細胞が活発に働くように手助けしています。

yjimageBGBSFKUK
ポリフェノールはアンチエイジングによい効果がありますが、なんと柿にはぶどうの約5倍も含まれているのですポリフェノールでも強力な抗酸化作用を期待するのであれば、ワインよりも柿のポリフェノールがおすすめだということですね。
また、柿にはカリウムも含まれています。カリウムは体内の余分な塩分を外に排出する効果があるということです。体がむくみがちな人にもおすすめの食材で、デザートとして毎日食べたい食材ですね。もし、むくみを放置しておくと、たまった老廃物と合体して脂肪になってしまいます。余分な水分はしっかりと排出することがおすすめです。
柿の体にいい効果としては、柿に含まれているカタラーゼという酵素の働きがあります。それはアルコールの酸化を活発にして有害物質のアセトアルデヒドの分解を促す力があります。ビタミンCとタンニンが血液中のアルコールを外へ排出してくれるのです。そのようなことから飲酒する予定があればその前に柿を食べておくのがよいともいわれます。
また、柿のヘタにも体に有効な成分が含まれています。それは漢方薬にも使われている「柿蔕湯(していとう)」は胃を休めてしゃっくりを止める働きがあります。葉にはフラボノイド配糖体を多く含んでいて、血圧降下に作用があります。高血圧症や動脈硬化、しもやけ、かぶれ、外傷の血止めなどに使われます。柿の葉をお茶にして飲むことで、ビタミンCを摂取することもできます。
このように柿に含まれる成分はとても効果的です。夏に浴びてしまった紫外線によるダメージを回復したり、シミやクスミなどには、秋の味覚の代表の柿がとてもおすすめなのです。
柿の葉で作ったお茶にはビタミンCが多く含まれています。血管を丈夫にするルチンやクエルセチンなども含まれています血圧降下作用があって、利尿や緩下作用もあります。高血圧や疲労回復そして風邪などの緩和が期待されるので、健康に気をつけている人にはおすすめのお茶です。柿の葉にはアストラガリンというフラボノイドが含まれていて、花粉症の症状を抑えてくれる働きもあるということです。

アンチエイジングに効果的なお茶には

読了までの目安時間:約 3分

 

アンチエイジングは、身体のさびを抑えることを目的として、老化を抑えてしまう効果を狙ったものが多いです。お茶の中でもルイボスティーは、最近注目を集めている抗酸化物質のSODをもっとも多く含むお茶なのです。
ルイボスティーに含まれるSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)は活性酸素を除去する働きがあります。活性酸素は身体を錆びさせて、老化の原因になるといわれています。ルイボスティーに含まれるSODの量は、緑茶の50倍、ウーロン茶の30倍といわれています。世界中で一番SODを多く含んでいるといわれます。ほかにも免疫力を高めたり、カフェインもふくまないことからアトピーに悩んでいる方におすすめのお茶です。妊婦さんや子供さんにも安心であるといえます。

yjimageESVUA5H3
クマザサはお茶の中でも抜群の血液浄化作用と抗菌力のあるお茶です。さまざまな病気を予防する働きがあります。クマザサは緑の血液と呼ばれるほどけっえき浄化作用が高いお茶で、難病などの予防や治療に効果を発揮します。クマザサに含まれている、アラビノキシランは免疫調整物質として有名で、免疫力アップ効果があります。ガン予防やアトピーの改善、老化防止や自律神経系の病気改善などに効果があります。高い抗菌効果がありますので、食べ物では笹団子やちまきなどに使われることがあります。抗菌作用として口臭や体臭改善、口内炎の予防に役立ちます。
あずき茶は生活習慣病が心配な人やアンチエイジングに興味がある方におすすめのお茶です。栄養価が高いことで知られているあずきは昔から健康食として知られています。良質なたんぱく質を多く含み、ポリフェノールやアントシアニン・ミネラル類などが含まれています。薬膳などにも使われていますが、あずきをお茶にしたものがあずき茶として人気です。
あずき茶の健康効果としては、ポリフェノールが多く含まれているので、血液もサラサラと血行を促進してくれます。免疫力向上としても役立ち、活性酸素なども抑制する働きがあります。ミネラル、ビタミン類も豊富に含まれ健康習慣にはおすすめのお茶です。
ウコン茶はインドや中国、日本などで古来より生薬として親しまれてきました。肝臓を強くし、血液の浄化、抗酸化作用やがん予防、動脈硬化予防などに効果のあるお茶として知られています。ウコンに含まれている成分としては、

アズレン・・・炎症や胃瘍を治す作用
シネオール・・胃を健康に保つ作用
フラボノイド・・もろくなった血管を修復する作用
クルクメン・クルクモール・・・抗ガン作用の強い活性化

以上のようなさまざまな効能が期待されています。ノンカフェインで女性や子供にも安心です。二日酔い対策をしたい方、肝臓を強くしたい方、がん予防をしたい方、アンチエイジングとしてお茶を飲みたい方におすすめです。

アンチエイジング 肌の老化の原因と対策について

読了までの目安時間:約 3分

 

肌の老化の一番の原因としては、紫外線のUVAが皮膚の奥まで届くことでコラーゲンやエラスチンなどの弾力のある線維質を傷つけることです。それがシワやたるみの原因になることが多いです。

yjimageHV4VAWCF
さらにUVAは肌表面に大きなダメージを与え、メラニンを大量に発生させてしまいます。通常、メラニンは肌の表面に浮きあがることで、角質とともに剥がれ落ちます。しかし、メラニンの量が多くなって処理しきれなくなってくるとそれが沈着してシミやソバカスの原因にもなってしまうということです。これらが紫外線によっておきる皮膚の老化の原因です。
これらの現象は「光老化」と呼ばれています。紫外線は美容だけではなく、皮膚がんの原因にもなってしまうこともあり、しっかりとした対策が必要です。
肌老化を避けるためには

・日焼け止めを塗る
・紫外線を避ける
・肌の露出度を少なくする

以上のような対策が必要になります。

肌を老化させる原因は紫外線とともに、肌を乾燥させることで起きてしまう老化の原因があります。夏の間は紫外線で肌老化を心配していたのに、今度は乾燥による肌老化を心配しなければなりません。きちんとメークを落とさないまま寝ることを繰り返していると、知らぬ間にもどんどんと肌は乾燥していきます。肌の手入れとしては、メイクはしっかりとクレンジングで落とし、そのあとの保湿が大変重要になってきます。
肌の保湿の方法としては、化粧水や美容液での保湿はもちろんのこと、美容マスクなどを使って保湿する方法も考えるようにすると、朝の化粧のノリも全然違ってきます。

肌の老化の原因として、睡眠不足も考えられています。いい睡眠は成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンは若返理のホルモンといわれるほどアンチエイジングには欠かせないものです。いい睡眠は肌代謝を活発にしてアンチエイジングにつなげることができます。

最近はお風呂の入り方でもシャワーだけで済ませてしまう人も多くなってきています。しかし、それはアンチエイジングとしてはあまりおすすめの方法ではありません。お風呂の入り方として「身体を温め代謝をよくする」「リラックス効果が得られる」というメリットがあります。
汗を流して老廃物を排出することも身体には大変よいことのひとつです。半身浴もアンチエイジングにはおすすめの入浴方法で、みぞおちより下を温めることで身体に対する水圧を減らすことができます。40度以下のぬるめのお湯に20分間以上汗が出るまでゆっくりつかることがおすすめです。

アンチエイジングとマグネシウム不足について

読了までの目安時間:約 4分

 

最近ちょっと「便秘気味かもしれない?」と思っている人は、それはマグネシウム不足であることがあります。マグネシウムの働きとして腸管内で水分の吸収を高めることで腸の運動を促す働きがあるからです。排便をスムーズに進めるためにはマグネシウム不足を解決しなければいけません。

yjimageBMP0488W
マグネシウム不足を改善するには、普段食べている白米を玄米食に替えてみるなどしてみましょう。玄米には白米の5倍のマグネシウムが含まれているのです。100%改善できないようであれば、少し混ぜてみるところからスタートしてみましょう。
また、健康的にもむくみが多く、疲れがなかなかとれないといった人は、マグネシウム不足が原因の場合が多いです。マグネシウムには利尿作用があってむくみを防止する働きがあるからです。
マグネシウムの摂り方としては、毎日食べている大豆製品に注目してみます。大豆製品にはマグネシウムが多く含まれているので血液がドロドロになることを予防してくれます。また、血管を若い状態に保つ働きがあります。むくみを改善するためにもマグネシウムは必要です。大豆製品の豆腐や納豆、油あげなどを積極的に食べるようにします。大豆製品が苦手な方などは、ゴマにもマグネシウムが含まれていますので、うまく取り入れることでマグネシウム不足を改善していきましょう。
アンチエイジングとしても糖質や脂質の代謝を向上させたり、中性脂肪を低下させるためにもマグネシウムはとても必要なのです。ダイエットをするにもマグネシウムは必要でダイエットが成功しづらくなるでしょう。
マグネシウムは海藻類などに多く含まれ、とくにひじきにはカルシウムなども同時に多く含まれることで、毎日食べることをおすすめします。
玄米とゴマとお味噌汁、海藻類を食べるようにすることで毎日のマグネシウム不足は改善されてきます。日本の伝統的な食事の内容を摂取していれば、マグネシウム不足にはならないことがわかっています。
マグネシウム不足を改善するには、毎日摂っているお水を見直してみることも必要ですね。ヨーロッパなどに多い「硬水」はマグネシウムを多く含んでいます。そのためコップ1杯飲むだけで一日のマグネシウム不足は解決できます。飲むだけでなく、硬水で炊飯やお料理に使ったりすることもおすすめですよ。
日頃からマグネシウム不足を感じていることが多い場合、おやつにはアーモンドやラッカセイなどを食べるようにすることがおすすめです。ビタミンEなども多く含んでいますのでアンチエイジングには欠かせない食品であるといえます。これならおやつとして食べるといいのでとても簡単にマグネシウムを摂取できます。
また、毎日マグネシウムを摂り続けたとしてもストレスなどが多いとマグネシウムを失う引き金となってしまいます。過労や睡眠不足には十分注意し、ストレスをためないようにしましょう。

アンチエイジングと白髪の原因・対策

読了までの目安時間:約 4分

 

白髪の原因には「加齢による細胞の活動低下」ということなどが考えられています。白髪は年齢的にしかたのないことなのでしょうか?また、白髪を増やさない対策にはどのようなものがあるのでしょうか?

yjimageEHAJDNIH
白髪の原因としては、髪の根本のメラノサイトという色素細胞の活動が低下してくることです。メラノサイトはメラニン色素をつくる細胞ですが、メラニンが髪に含まれなくなってきてしまうことが原因です。メラノサイトの活動低下の原因としては、遺伝や加齢によるものが多いとされています。しかし、原因としては

生活習慣
・食生活
・病気
・頭皮ケア

以上のようなものも白髪の原因となっています。遺伝や加齢が原因の場合にはそれなりの対応が必要ですが、ほかの4点としては自分の日常的なケアの範囲に入ってしまいます。それぞれの原因について対策を考えていくことが必要になってきます。

まず、生活習慣が原因で白髪になってしまう場合にはどうしたらいいのでしょうか?生活習慣でも睡眠不足や運動不足、喫煙やストレスなど改善を要するものも多いです。知らない間にも血行を悪くしてしまっている場合が多く、すこしづつ改めていくことが必要になります。
それには運動はまず「歩くことから少しずつはじめてみる」とか、「禁煙すると血行がよくなってくる」といういつも頭に思い浮かべる、「ゆっくりと入浴することを心がける」とか、病気になりやすい場合には早めに対処するなどの対策も必要になってきます。「会社が休めない」「もう少しだから頑張ろう」と無理をするのは禁物なのです。
食べものによっても白髪対策は必要です。無理なダイエットなどでたんぱく質が不足してしまうと白髪を増やしかねません。タンパク質は大豆や肉類、魚類、卵などに多く含まれています。白髪を増やさないためにも積極的に食べるようにします。
ビタミン類も忘れないように摂取していきましょう。白髪対策としてはビタミンA・C・Eを積極的に摂るようにします。これらのビタミンには血行促進効果があって、メラノサイトの細胞活動を活性化させる働きがあります。果物はビタミンの宝庫なのでデザートを積極的に摂るようにします。
白髪の原因となるのは過酸化水素を分解するグルタチオンペルオキシターゼの主な構成要素がセレンです。セレンを多く含む食品としては、かつお節やあん肝などの魚介類や豚の肝臓、卵、きな粉、ひまわりの種などを食べるようにするとよいです。
食事の面で白髪対策ができたら、今度は頭皮の血行をよくするように努力してみましょう。頭皮もマッサージなどツボ押しをしてみたり、髪にメラニンが行き渡るように毎日マッサージすることです。
頭皮の血行をよくするには、頭頂部のほぼ中央の「百会(ひゃくえ)」や後頭部の髪の生え際から指2本分のところにある「風府(ふうふ)」という部分をマッサージします。

乾燥肌と冬のお手入れ

読了までの目安時間:約 4分

 

冬の肌は一年のうちでいちばんコンディションの悪い状態となることが多いで

す。温度の低下とともに湿度の低下、そして暖房を使うために部屋は乾燥して

しまうことが多いです。
冬は温度が低下すると毛細血管は収縮するために血流が悪くなってしまいます

毛細血管からは栄養や酸素などの供給が十分になされないようになってしま

いがちです。肌細胞の活性化が鈍くなることで肌の新陳代謝も乱れてしまいが

ちです。そのため肌の機能の衰えが目立ってきます。

yjimageKHAM3XFZ
冬は肌の機能の汗や皮脂の分泌量が大きく減少します。皮脂膜と呼ばれる天然

クリームは肌を乾燥や外界からの刺激から守ってくれる重要な肌の分泌物なの

です。冬になると乾燥肌の人はもちろん、脂性肌の人でも皮脂膜が不足してし

まいます。潤いが失われることで肌荒れが起きやすくなってしまいます。
冬になると肌の水分の分泌量が減少することに加えて、外気の乾燥のために肌

の水分は失われがちです。皮脂も不足してしまうので、水分の蒸発を防ぐため

の機能が低下してしまうのが原因です。肌を老化させないためにも肌トラブル

を防ぐためにも肌の乾燥は避けなければいけません。とくに冬の肌は乾燥しや

すく老化しやすい時期でもあって、季節的にも肌には危険な環境なのです。
冬は暖房のために肌のコンディションを悪くしてしまう人も多いです。室内で

は空気の乾燥が肌から水分を奪っていきます。肌へ負担をかけ続けることで、

肌の老化へとつながってしまうことが多いです。
季節がら12月から1月はいろいろと外出することが多くなります。パーティーや宴会の木かいが多くなって暴飲暴食や睡眠不足になりかねません。不規則な生活から体調を崩す人も多い中、肌の手入れなどもおろそかになりがちです。
肌の健康機能というよりも身体の健康機能そのものが低下する時期なので、注

意を必要とする時期でもあるということです
言い換えると肌にはさまざまな老化現象もつきまといやすく、季節的には一年

のうちでいちばんスキンケアを必要としている時期かもしれません。
冬のスキンケアのポイントとしては、肌を乾燥させないことと、肌細胞の活性

化をよくすることにつきます。若々しい肌を維持するためには毎日のスキンケ

アをしっかりと行うことです。
肌を乾燥させることで、シワ・たるみ・肌荒れに直接つながる原因となってき

ます。そのまま乾燥させ続けることで、肌の機能低下をまねいてしまいます。

それはバリア機能の低下だったり、新陳代謝の働きの低下だったり、シミ、ク

スミや皮膚の硬化現象につながってしまいます。
冬のスキンケアのポイントとしては、血行をよくするために適度なマッサージ

をすることがおすすめです。マッサージをすることで、毛細血管の流れをよく

して肌の再生機能の新陳代謝をよくしていきます。また、洗顔の方法には注意

しましょう。洗顔の方法を誤ると肌に過剰な刺激をあたえたり、肌の潤いを奪

ってしまうことになりかねません。

乾燥肌の対策とお風呂の入り方

読了までの目安時間:約 3分

 

乾燥肌の方ではほんとうにつらい激しいかゆみが出ることがあります。乾燥肌

の方の対策としては、お風呂の入り方やスキンケアにはどのようなポイントが

あるのでしょうか?
まず、肌が乾燥している場合、お風呂の温度は38~40℃のぬるめのお湯が理想的です。お湯につかる時間としても10分程度に抑えておきましょう。あまり長い時間つかることは肌の乾燥につながってしまいます。

yjimage22Q51TWA
また、入浴剤でも硫黄成分が入っているものは避けましょう。シャワーは弱め

の水量にし、身体を洗うときにもごしごしと擦らないようにします。
乾燥肌の特徴としては、肌の角質層の水分が不足したり、維持できなくなった

りしている状態です。あまり長い時間お湯につかっていることで、肌の保湿成

分がお湯に溶け出してしまうのが原因です。長い時間の入浴は肌の角質層を傷

めてしまう場合もあります。乾燥肌の方の入浴は、ぬるめのお湯で短時間の入

浴がおすすめですが、肌質のことを考えると1週間のうちの半分はシャワーで

すますこともおすすめです。
肌が乾燥肌の方はお風呂でも入浴剤を入れて入りがちです。しかし、硫黄成分

の入ったものは、肌への刺激が強く肌が荒れてしまうこともあります。乾燥肌

の方の入浴剤として使われているのでおすすめは、入浴剤の代わりに10~15mlのグリセリンを使うようにすると保湿もできて安心です。グリセリンはむかしから化粧品などに使われている成分でドラッグストアなどで手に入ります。
乾燥肌の方のシャワーの使い方として、肌の角質層が痛みやすくなっています

のでシャワーなども気をつけて弱い水量で流すようにします。また、シャワー

のお湯は洗面器にためて使うといった方法もおすすめです。身体の洗い方とし

てもナイロンタオルなどは禁物です。手で洗うか綿のタオルを使うようにしま

す。

お風呂あがりのケアとしては、お風呂から上がり乾燥する前に保湿すること

が大切です。浴室内まで保湿剤を持って入りケアすることで乾燥を防げるとい

うことにつながります。どうしても脱衣室は空気が乾燥していることが多いの

で、湿度の高い浴室を使うと有効です。
入浴後に使う保湿用品としては、馬油・ボディオイル・ワセリン・グリセリン

化粧水・化粧水などが人気の保湿剤として使われることが多いです。とくに乾

燥肌がひどい方には馬油やボディオイルがおすすめです。

乾燥肌対策について

読了までの目安時間:約 4分

 

乾燥肌とはドライスキンと呼ばれ、皮脂分泌量が低下したり、角質細胞間脂質などの減少で角質の水分量が低下してしまっている状態にある肌のことです。皮膚の水分量は発汗や不感蒸泄(ふかんじょうせつ)といわれる皮膚や呼気から蒸気として自然に失われる水分で減少しています。
皮膚の水分は身体の内側や大気中の水分によって供給されています。また、皮膚の保湿としても皮脂や天然保湿因子(NMF)や角質細胞間脂質によって保たれています。

yjimage3FYCY7Q2
皮膚が乾燥してしまうことで、皮膚の表面にはうるおいがなくなって、柔軟性も少なくなり、もろくなっています。それは年齢のせいだったり、体質や気候、環境やライフスタイルによっても異なってきます。皮膚の乾燥としては、それが病気から生じているときもあって、じん不全や栄養障害、ビタミンA欠乏症、粘液水腫(すいしゅ)などがあることもあります。乾燥肌を生じている原因には、ネイルリムーバーなどに含まれるアセトンなど脂溶性溶剤への接触で過剰な脱脂と角質細胞間脂質が破壊されることで起きていることもあります。乾燥肌は遺伝的に角質細胞間脂質のセラミドが少ないアトピー性皮膚炎や角質異常を生じる魚鱗癬のときもあります
肌を外的刺激から守る角質層が乾燥して角質のバリア損なわれます。角質層を作ろうとするための量産が間に合わず、未熟な角質細胞ができることで肌はごわつきます。
乾燥肌を改善するためには、ただしい対策をしていく必要があります。乾燥肌の予防と対策としては、クレンジングや洗顔保湿、皮膚科治療、たんぱく質摂取、必須脂肪酸、ビタミン、ミネラルの摂取、サプリメント、生活習慣の見直し、お風呂上りのケア、衣類の選びかた、漢方薬などを対処法として考えてみることも必要です。

乾燥肌としては、もともと乾燥肌であったという人は少なく、間違ったケアをしてことから自ら乾燥肌になってしまった人も多いです。乾燥肌の原因となりやすいものでは、間違ったクレンジングをしてしまうことから乾燥肌になりやすいこともあります。

クレンジングがお肌に与えるダメージには

1. 摩擦によるダメージ
2.クレンジングの洗浄成分によるもの(海面活性剤)

摩擦で角質層を傷つけることで、水分を保持するための角質をはがしてしまっています。肌が濡れていることでふやけてよりはがしやすくなってしまいます。界面活性剤はメイクを浮かせるために使われていますが、メイクや汚れだけではなく、保湿脳力のあるセラミドを洗い流してしまいます。
クレンジングによるダメージを最小限に抑えるには、クレンジング自体を行わないか、こすらないで落とせるクレンジング方法を選ぶ、または、クレンジング剤を使い分けるというように、部分的なメイクを落とすためのクレンジング方法を選ぶことですクレンジング剤を使わないことや、こすりすぎや洗いすぎを防ぎます。

乾燥肌のただしい保湿の考えかたとしては、お肌が自らバリア機能を回復するまでの応急処置としての保湿という考え方や、お肌のバリア機能を高めるための保湿というように不足している分を補うという考え方があります。
バリア機能を回復するためには、間違ったクレンジングや洗顔を止めて、お肌から過度に細胞間脂質や天然保湿成分(NMF)が流れ出さないようにすることです。また、お肌のバリア機能を高めるには、自分のお肌には何が不足しているのか、それをどのように補うのかを保湿剤を選ぶときにとても大切になります。

乾燥肌によい食べ物って?

読了までの目安時間:約 5分

 

乾燥肌が気になる人は、普段食べている食べ物などでも肌が乾燥してしまうことがよくありがちなのです。だから化粧水や美容液で肌を改善してしまおうというよりも普段の食べ物から改善していくことも必要ではないかと思われます。食べ物で肌が乾燥してしまうというのは、偏った食事を続けているうちに栄養が不足してしまうことが原因です。そのため代謝が悪化してきたり、腸内環境が悪くなってきたりと肌への影響が大きくなってきます。

yjimageCU4X99EI
代謝が悪くなってくることで、肌表面は皮脂の分泌が減ってきたり、腸内環境が悪化してくると体内をめぐる血液が汚れてきます、そのため体は悪いものを体外へと排出しようとしてきますので、その汚れや悪いものが肌表面に表れることで、肌の乾燥や肌荒れなどにつながります。
そのため一生懸命化粧水や美容液などで手入れしたとしても肌の内側が乱れた状態ではどうしても肌の潤いは逃げていくことになって乾燥してしまいます。
栄養バランスをうなく体内に取り入れるためには、スキンケアだけではなく食生活から見直していくことが必要になってきます。
毎日摂っている飲み物や食べ物のうちでも肌を乾燥させてしまうものが多く存在しています。その中でもコーヒーはコーヒーに含まれているカフェインが血管を収縮させる働きや体を冷やす原因となってくることが多いです。よって代謝が悪くなるために乾燥肌につながる原因となります。カフェインはコーヒーだけではなく、ココアやチョコレートにも含まれていることが多いです。カフェインが肌を乾燥させてしまう原因となってしまうのは、利尿作用によって多くの水分が排出されてしまうからですね。そのため体も肌も水分不足に陥って乾燥しやすくなってしまうのです。
食べものでは肌を乾燥させるものとして、ファーストフードやスナック菓子などがあります血液をドロドロにして体の代謝を悪くさせてしまいます。塩分や脂分が多いので食べすぎないように気をつけたいものです。
肌の乾燥は体を冷やし過ぎても血行が悪くなって乾燥肌が悪化することがあります。アイスクリームや冷えすぎた食べ物ばかり摂りすぎないように気をつけたいものです。
また、糖分が多過ぎる甘いお菓子やケーキなども乾燥肌につながることがあります。甘いものばかり摂りすぎることで、腸内の悪玉菌が繁殖するからです。同時に、甘い清涼飲料水などにも気をつけて飲み物からの糖分にも気をつけましょう。
乾燥肌によい働きをする食べ物というのはあるのでしょうか?それは食べ物に含まれる成分によって違いますが、例えばビタミンAやベータカロテン(体内で変換されてビタミンAと同じ働きをします)などは皮膚の潤いを保ち、乾燥を防いでくれます。さらに代謝を高めることで肌を健康に保つことができるということです。
肌の乾燥に有効な成分としてはビタミンCの皮膚や血管を強くして肌にハリをもたせてくれるものです。ビタミンEは血行をよくする働きがあって肌の代謝を助けてくれます。たんぱく質は皮膚のバリア機能を守ることで、健康的な肌をつくります。
以上のような成分を含む食品として栄養素が豊富な食べ物として卵がおすすめです。たんぱく質やビタミンAなどが含まれ、皮膚を健康に保つ働きがあります。卵にはビオチンという成分も含まれていて、皮膚科の薬にも用いられているくらいです。
食べものでも毎日食べている納豆にも豊富な栄養素が多く含まれています。たんぱく質やビタミンE、ポリアミンという成分では代謝を活発にするので肌の乾燥にも有効です。
果物ではアボガドなどは世界一栄養価の高い果物だといわれています。森のバターと呼ばれビタミンEやβカロテン、ビタミンCなどが多く含まれています。
野菜類では色のきれいなパプリカは普通のピーマンと比べてもビタミンCがとても多いです。乾燥肌によいビタミンCやβカロテンが多いので栄養素を多く取り入れるためには相性のよいオリーブオイルなどで調理することがおすすめです。