乾燥肌対策でツルツル美人を目指す!

乾燥肌によい食べ物って?

読了までの目安時間:約 5分

 

乾燥肌が気になる人は、普段食べている食べ物などでも肌が乾燥してしまうことがよくありがちなのです。だから化粧水や美容液で肌を改善してしまおうというよりも普段の食べ物から改善していくことも必要ではないかと思われます。食べ物で肌が乾燥してしまうというのは、偏った食事を続けているうちに栄養が不足してしまうことが原因です。そのため代謝が悪化してきたり、腸内環境が悪くなってきたりと肌への影響が大きくなってきます。

yjimageCU4X99EI
代謝が悪くなってくることで、肌表面は皮脂の分泌が減ってきたり、腸内環境が悪化してくると体内をめぐる血液が汚れてきます、そのため体は悪いものを体外へと排出しようとしてきますので、その汚れや悪いものが肌表面に表れることで、肌の乾燥や肌荒れなどにつながります。
そのため一生懸命化粧水や美容液などで手入れしたとしても肌の内側が乱れた状態ではどうしても肌の潤いは逃げていくことになって乾燥してしまいます。
栄養バランスをうなく体内に取り入れるためには、スキンケアだけではなく食生活から見直していくことが必要になってきます。
毎日摂っている飲み物や食べ物のうちでも肌を乾燥させてしまうものが多く存在しています。その中でもコーヒーはコーヒーに含まれているカフェインが血管を収縮させる働きや体を冷やす原因となってくることが多いです。よって代謝が悪くなるために乾燥肌につながる原因となります。カフェインはコーヒーだけではなく、ココアやチョコレートにも含まれていることが多いです。カフェインが肌を乾燥させてしまう原因となってしまうのは、利尿作用によって多くの水分が排出されてしまうからですね。そのため体も肌も水分不足に陥って乾燥しやすくなってしまうのです。
食べものでは肌を乾燥させるものとして、ファーストフードやスナック菓子などがあります血液をドロドロにして体の代謝を悪くさせてしまいます。塩分や脂分が多いので食べすぎないように気をつけたいものです。
肌の乾燥は体を冷やし過ぎても血行が悪くなって乾燥肌が悪化することがあります。アイスクリームや冷えすぎた食べ物ばかり摂りすぎないように気をつけたいものです。
また、糖分が多過ぎる甘いお菓子やケーキなども乾燥肌につながることがあります。甘いものばかり摂りすぎることで、腸内の悪玉菌が繁殖するからです。同時に、甘い清涼飲料水などにも気をつけて飲み物からの糖分にも気をつけましょう。
乾燥肌によい働きをする食べ物というのはあるのでしょうか?それは食べ物に含まれる成分によって違いますが、例えばビタミンAやベータカロテン(体内で変換されてビタミンAと同じ働きをします)などは皮膚の潤いを保ち、乾燥を防いでくれます。さらに代謝を高めることで肌を健康に保つことができるということです。
肌の乾燥に有効な成分としてはビタミンCの皮膚や血管を強くして肌にハリをもたせてくれるものです。ビタミンEは血行をよくする働きがあって肌の代謝を助けてくれます。たんぱく質は皮膚のバリア機能を守ることで、健康的な肌をつくります。
以上のような成分を含む食品として栄養素が豊富な食べ物として卵がおすすめです。たんぱく質やビタミンAなどが含まれ、皮膚を健康に保つ働きがあります。卵にはビオチンという成分も含まれていて、皮膚科の薬にも用いられているくらいです。
食べものでも毎日食べている納豆にも豊富な栄養素が多く含まれています。たんぱく質やビタミンE、ポリアミンという成分では代謝を活発にするので肌の乾燥にも有効です。
果物ではアボガドなどは世界一栄養価の高い果物だといわれています。森のバターと呼ばれビタミンEやβカロテン、ビタミンCなどが多く含まれています。
野菜類では色のきれいなパプリカは普通のピーマンと比べてもビタミンCがとても多いです。乾燥肌によいビタミンCやβカロテンが多いので栄養素を多く取り入れるためには相性のよいオリーブオイルなどで調理することがおすすめです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed