乾燥肌対策でツルツル美人を目指す!

乾燥肌と冬のお手入れ

読了までの目安時間:約 4分

 

冬の肌は一年のうちでいちばんコンディションの悪い状態となることが多いで

す。温度の低下とともに湿度の低下、そして暖房を使うために部屋は乾燥して

しまうことが多いです。
冬は温度が低下すると毛細血管は収縮するために血流が悪くなってしまいます

毛細血管からは栄養や酸素などの供給が十分になされないようになってしま

いがちです。肌細胞の活性化が鈍くなることで肌の新陳代謝も乱れてしまいが

ちです。そのため肌の機能の衰えが目立ってきます。

yjimageKHAM3XFZ
冬は肌の機能の汗や皮脂の分泌量が大きく減少します。皮脂膜と呼ばれる天然

クリームは肌を乾燥や外界からの刺激から守ってくれる重要な肌の分泌物なの

です。冬になると乾燥肌の人はもちろん、脂性肌の人でも皮脂膜が不足してし

まいます。潤いが失われることで肌荒れが起きやすくなってしまいます。
冬になると肌の水分の分泌量が減少することに加えて、外気の乾燥のために肌

の水分は失われがちです。皮脂も不足してしまうので、水分の蒸発を防ぐため

の機能が低下してしまうのが原因です。肌を老化させないためにも肌トラブル

を防ぐためにも肌の乾燥は避けなければいけません。とくに冬の肌は乾燥しや

すく老化しやすい時期でもあって、季節的にも肌には危険な環境なのです。
冬は暖房のために肌のコンディションを悪くしてしまう人も多いです。室内で

は空気の乾燥が肌から水分を奪っていきます。肌へ負担をかけ続けることで、

肌の老化へとつながってしまうことが多いです。
季節がら12月から1月はいろいろと外出することが多くなります。パーティーや宴会の木かいが多くなって暴飲暴食や睡眠不足になりかねません。不規則な生活から体調を崩す人も多い中、肌の手入れなどもおろそかになりがちです。
肌の健康機能というよりも身体の健康機能そのものが低下する時期なので、注

意を必要とする時期でもあるということです
言い換えると肌にはさまざまな老化現象もつきまといやすく、季節的には一年

のうちでいちばんスキンケアを必要としている時期かもしれません。
冬のスキンケアのポイントとしては、肌を乾燥させないことと、肌細胞の活性

化をよくすることにつきます。若々しい肌を維持するためには毎日のスキンケ

アをしっかりと行うことです。
肌を乾燥させることで、シワ・たるみ・肌荒れに直接つながる原因となってき

ます。そのまま乾燥させ続けることで、肌の機能低下をまねいてしまいます。

それはバリア機能の低下だったり、新陳代謝の働きの低下だったり、シミ、ク

スミや皮膚の硬化現象につながってしまいます。
冬のスキンケアのポイントとしては、血行をよくするために適度なマッサージ

をすることがおすすめです。マッサージをすることで、毛細血管の流れをよく

して肌の再生機能の新陳代謝をよくしていきます。また、洗顔の方法には注意

しましょう。洗顔の方法を誤ると肌に過剰な刺激をあたえたり、肌の潤いを奪

ってしまうことになりかねません。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed