乾燥肌対策でツルツル美人を目指す!

乾燥するとニキビが出来る?

読了までの目安時間:約 4分

 

ニキビは肌が乾燥していても出来やすいことがあります。ニキビは脂性肌のような脂分が多いお肌にできるイメージが強いのですが、乾燥肌の人にもニキビの悩みはあります。
脂性肌のニキビの原因は、毛穴に皮脂がたまってしまって毛穴がつまることが原因です。余分な皮脂が過剰に分泌されるので毛穴はよりつまりやすくなります。
乾燥肌のニキビの特徴としては、お肌の皮脂分泌が少ないことで天然のバリアの皮脂膜がしっかりとつくれないことが原因になっています。
角質が古くなってきてさらに硬くなることから、毛穴はだんだんと細くなってしまうのです。少しの皮脂でもつまってしまい、脂性肌のニキビとあまり変わりません。

yjimage30NTOYQR
乾燥ニキビ対策としては、まず毎日水分をしっかりと補うことがおすすめです。水分と脂分をバランスよく補って皮脂幕膜しっかりとつくることがポイントです。皮脂膜を正常に保つには、お肌の角質層の働きを正常に機能させてあげることが大切です。
気をつけたい点としては、油分の多いクリームなどをつけるようにしていた場合、反対に皮脂膜をつくる働きを弱めてしまう可能性もあります。それは油分の入ったクリームには、界面活性剤が入っていて皮脂膜を溶かします。角質層を傷めてしまう可能性があり、乾燥ニキビをつくりやすくなってしまいかねません。
乾燥ニキビ対策として正しい方法は、まず、ダメージを受けてしまった角質層をしっかりと保湿してあげることが大切です。その方法としては、糖類や多糖類、アミノ酸など肌細胞の栄養源に限りなく近い成分でできたパックを使ってみることです。パックのあとには同じような成分が配合された、ノンオイルローションを使ってみることがおすすめです。乾燥ニキビを防ぐには、お肌に負担や刺激をできるだけ避けて正しいケアをすることが必要です。
乾燥ニキビをつくってしまう乾燥肌とは、角質層の水分量がかなり不足している状態です。皮脂やセラミドなどの保湿を行うシステムがうまく機能していないことが原因になっています。そしてそのような肌の状態が続いているようなお肌のことを乾燥肌といいます。
肌のバリア機能はとても大切で肌のなめらかさを補ったり、もっちりした理想的な状態を保っています。それだけではありません、肌内部の水分が逃げていかないようにしてくれるのもこのバリア機能なら、細菌やウイルスなど外からの刺激をシャットアウトしてくれるのもバリア機能ならではの働きです。肌のバリア機能に影響しているのは、普段からのスキンケアや生活習慣・季節的な要因などがあげられます。
肌がカサカサ・ゴワゴワ・ザラザラしている人やなんとなく肌に硬さを感じる人、洗顔後に顔が突っ張っている、化粧水が浸透にくい、化粧のりの悪さ、クリームなどでいつも保湿しないと赤くなったり、痛みがあったりという人が乾燥肌と呼ばれているといってもよいでしょう。
肌の乾燥を招いてしまうのは、洗いすぎや洗顔料、保湿不足など間違ったスキンケアをしていることや、お風呂やスチーム、暖房の使いすぎ、栄養など偏った食事内容、生まれつきアトピー体質、加齢によるものなどさまざまです。または、睡眠不足で肌が弱くなって乾燥しやすいことや、冬場などの乾燥しやすい季節的な要因があったり、体調不良やホルモンバランスの乱れから肌が不安定になって乾燥しやすいことも多いです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed