乾燥肌対策でツルツル美人を目指す!

アンチエイジングについて

読了までの目安時間:約 4分

 

アンチエイジングという言葉は美容だけではなく、医療や薬学、運動生理学、栄養学、音楽、芸術など広い分野において使われるようになりました。
アンチエイジングとは、「若い人にも年を取った人にもいつまでも健康でいられるように」と単純に若返ることや老化を遅らせるという意味だけでなく、心身の健康を保って、よりよく生きるための人間の知恵といってもいいでしょう。もともとのアンチエイジングという意味は、抗加齢療法や抗老化療法という意味で年齢を重ねる上で起きてくる老化の原因を抑制する意味や、体の機能的な衰えを予防したり、改善したりする意味があります。

yjimageQUJPNQI9
老化におけるメカニズムはまだまだ解明されるには至っていないですが、遺伝子の変異や細胞機能の低下、酸化ストレスの増加、免疫力の低下、ホルモンレベルの低下、炎症の慢性化などが要因としてあげられています。主に老化の原因物質としてはAGEで、これは体を構成しているたんぱく質に体内の余計なたんぱく質が結び付いたものを指しています。これは血糖値が高い状態が続くことが原因となっています。肌のたんぱく質がAGEに結びつくことで、弾力性が失われてきてたるみやしわの要因となります。血管でつくられることで、動脈硬化を引き起こして老化を早めるといわれています。
活性酸素も老化を早めてしまう原因といわれます。酸素の一部が活性酸素として多くの物質と反応しやすい活性酸素に変化します。この活性酸素は細胞を傷つけて老化やがん・動脈硬化・その他多くの疾病をもたらす原因となります。
多くの生き物には活性酸素に対する抗酸化作用が備わっています。しかし、バランスが崩れることで身体にはさまざまな影響をもたらします。
紫外線も肌への影響として関係が深いといわれています。紫外線を浴びることで、シミやシワの原因となることが多いです紫外線にはA波・B波・C波と異なる波長の光線がふくまれています。その中で紫外線A波(UVA)がシミやシワの発生に大きく関わっているといわれます。
アンチエイジングの手法として挙げられているのは、ホルモン作用や抗酸化作用、免疫調節作用をもつ機能性食品を用いた食事をすることや、ウォーキングや筋力、有酸素トレーニングなどの運動をすること、ストレスからの解放を目指した精神療法、ホルモン補充といったような薬物療法などが用いられています。抗酸化物質としてビタミンA・C・E、ルティン、ゼアキサンチン、アントシアニン、アスタキサンチンなどがあります。
最近はアンチエイジングと食生活についての関心も高まってきました。老化を防ぐアンチエイジングが食生活とは切り離して考えることはできないからです。むかしから医食同源といわれているように、食べ物や食べ方によって心も体も健康に保つことができるとわかってきたからです。毎日の食事を少し工夫するだけでアンチエイジングケアとしても有効になってきます。その中でも食べる順番を守ることや、食物繊維を多く摂取する、朝食は控えめに摂る、オリーブオイルなどを常に摂取する、納豆を食べる、小魚を食べる、食品の食べ合わせに気をつけることなどです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed