乾燥肌対策でツルツル美人を目指す!

アンチエイジングとコラーゲン

読了までの目安時間:約 3分

 

コラーゲンはアンチエイジング対策としても有効です。今までも美肌対策や抜け毛、育毛に効果があることは知られてきました。臓器の機能を正常に保つことも期待できるので、アンチエイジングにはとても期待の持てる成分です。
もともとのコラーゲンの働きとしては、体の新陳代謝を活発にしたり、傷の治りを早めることでよく知られています。コラーゲンは細胞の接着剤の役目をしているので、体を形づくる根本的な働きをしているといわれます。
皮膚や臓器、骨、歯、血管など形づくる役割もしています。細胞に栄養を運ぶことや細胞の老廃物や二酸化炭素などを排出させます。体のありとあらゆる部分にあって大変重要な役割をしています。コラーゲンが不足してきても、老化予防としても補うことで、アンチエイジングにはとても有効になってきます。yjimageWCV7N3UX
肌のためにもコラーゲンはとても有効に働いています。肌をみずみずしく保つ働きや弾力やハリを与えるのに欠かせません。シワやたるみとしても真皮のコラーゲンやヒアルロン酸が不足したり、変成することで起きてきますので、アンチエイジングや美容にはには忘れてはいけない成分ともいえます。
髪のためにも髪の発育や抜け毛、薄毛にも重要な働きをしています。髪の毛根部に働いてつやつやとした髪を保っています。
アンチエイジングでは加齢によって新陳代謝が緩やかに変化していくことがあります。しかし、コラーゲンの生成脳力としても衰えてくることが多いです。アンチエイジングとしてコラーゲンを補給する場合、サプリメントなどで積極的に摂取することがおすすめです。
コラーゲンを摂取する場合には、内側と外側とから摂取することが必要です。肌の弾力や保水力を司る働きをしていますので、食事で摂ったりサプリメントで摂ることがおすすめです。化粧品にもコラーゲンが多く含まれたものがありますが、直接肌から吸収されることはありません。
コラーゲンをもし食事から摂取する場合、一日5g程度のコラーゲンを摂取するとよいといわれています。体の中にあるコラーゲンは、毎日分解と合成が繰り替えされているからです。
コラーゲンはたんぱく質の1種なので、肉や魚、鶏肉などたんぱく質を摂るようにします。栄養のバランスを考えてビタミンやミネラル、脂質なども摂るようにします。コラーゲンの豊富な食材としては、フカヒレや手羽先、鶏皮、軟骨や豚足、牛すね肉などがあります。コラーゲンと一緒に摂ったほうがいいビタミンでは、ビタミンCやビタミンE、コエンザイムQ10、ビタミンB2やB6などがあります。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed