乾燥肌対策でツルツル美人を目指す!

アンチエイジング 肌の老化の原因と対策について

読了までの目安時間:約 3分

 

肌の老化の一番の原因としては、紫外線のUVAが皮膚の奥まで届くことでコラーゲンやエラスチンなどの弾力のある線維質を傷つけることです。それがシワやたるみの原因になることが多いです。

yjimageHV4VAWCF
さらにUVAは肌表面に大きなダメージを与え、メラニンを大量に発生させてしまいます。通常、メラニンは肌の表面に浮きあがることで、角質とともに剥がれ落ちます。しかし、メラニンの量が多くなって処理しきれなくなってくるとそれが沈着してシミやソバカスの原因にもなってしまうということです。これらが紫外線によっておきる皮膚の老化の原因です。
これらの現象は「光老化」と呼ばれています。紫外線は美容だけではなく、皮膚がんの原因にもなってしまうこともあり、しっかりとした対策が必要です。
肌老化を避けるためには

・日焼け止めを塗る
・紫外線を避ける
・肌の露出度を少なくする

以上のような対策が必要になります。

肌を老化させる原因は紫外線とともに、肌を乾燥させることで起きてしまう老化の原因があります。夏の間は紫外線で肌老化を心配していたのに、今度は乾燥による肌老化を心配しなければなりません。きちんとメークを落とさないまま寝ることを繰り返していると、知らぬ間にもどんどんと肌は乾燥していきます。肌の手入れとしては、メイクはしっかりとクレンジングで落とし、そのあとの保湿が大変重要になってきます。
肌の保湿の方法としては、化粧水や美容液での保湿はもちろんのこと、美容マスクなどを使って保湿する方法も考えるようにすると、朝の化粧のノリも全然違ってきます。

肌の老化の原因として、睡眠不足も考えられています。いい睡眠は成長ホルモンの分泌を促します。成長ホルモンは若返理のホルモンといわれるほどアンチエイジングには欠かせないものです。いい睡眠は肌代謝を活発にしてアンチエイジングにつなげることができます。

最近はお風呂の入り方でもシャワーだけで済ませてしまう人も多くなってきています。しかし、それはアンチエイジングとしてはあまりおすすめの方法ではありません。お風呂の入り方として「身体を温め代謝をよくする」「リラックス効果が得られる」というメリットがあります。
汗を流して老廃物を排出することも身体には大変よいことのひとつです。半身浴もアンチエイジングにはおすすめの入浴方法で、みぞおちより下を温めることで身体に対する水圧を減らすことができます。40度以下のぬるめのお湯に20分間以上汗が出るまでゆっくりつかることがおすすめです。

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed